成田市 M様邸 サッシ取り付け施工事例

ご要望 昔から使っている木製のサッシと雨戸をアルミサッシに交換していただきたいです。木製サッシは風情があるのですが、重量があるため、年ともに開け閉めが大変辛くなってきました。(M様より)
トップ画像

リフォーム概要

住所

成田市

工期

3日間

工事費用

1,100,000円

ご提案内容 今回、M様ご希望のアルミ製のサッシと雨戸を取り付けるにあたり、調査を行ったところ、木製である他に、戸袋の鏡板が劣化してしまっていることが、すきま風が吹き込む原因だと分かりました。打ち合わせを重ねる中で、今までの木製サッシを全て取り外してアルミサッシと交換し、木製雨戸もアルミ製の軽量タイプの物に交換することにいたしました。木製戸袋鏡板の修理もまとめて行うことで、隙間風のお悩みも一気に解決できるご提案をさせていただきました。

施工前はこちら

以前のM様邸は木製サッシに木製雨戸でした。風情がある反面、重量もあり開け閉めが大変でした。 打ち合わせの末、今までの木製サッシをすべて取り外しアルミサッシと交換し、木製雨戸もアルミ製の軽量タイプのものと交換することにいたしました。

施工中はこちら

今までのままですと開口部が大きすぎて、せっかくサッシにしても開け閉めが大変なため、柱を1本追加します。手前のほうに見えるのが新しく立てた柱です。 追加した柱を室内から見た様子です。いきなり古く見えるようにはできないのですが、年数を経て同じような色に変わっていくように樹種は杉にしました。 雨戸のすべりを良くするために、アルミの平板を敷いています。 今回は深さがあったため、厚さ3ミリのものを使用しています。
今回、取り付けた雨戸です。既製品ではぴったり合うものがありませんので、M様邸用に作られた特注品です。 戸袋の鏡板が劣化してしまい、すきま風が吹き込んでしまっていました。いままでの木材を撤去して新たな板を張っています。 こちらがほぼ完成の状態です。材料は弊社の倉庫に長い間眠っていた、とても高価な杉の板を使用しました。

施工が完了しました

雨戸を全て閉めた状態です。今までと同じ力で戸を押すと、滑りが良すぎて注意が必要になる程に改善されました。 サッシもすべてが特注品です。ぴったりと綺麗におさまり、開け閉めも楽々です。
室内側から見た様子です。手前に見えるのは新たに立てた柱です。ぴったりと閉まるサッシは、防犯にも効果があります。 劣化してしまった戸袋鏡板もすっかりきれいになりました。 これで、スースーと入っていた隙間風も防げます。

外壁塗装 アオヤギ
  • ドリームコート ロックペイント 大日本塗料 ノボクリーン Vフロン ビルテック トウペ 外壁塗装
  • クリアー 水性 油性 リシン スタッコ ボンタイル 吹付け 足場 架け 養生 高圧洗浄 プルーフロン ユータック 旭硝子コートアンドレジン ボンフロン 大同塗料 プールコート 外壁塗装 ページ スペースエース アトミクス アトレーヌ フロアトップ アミュールタッソー